原美術館、現在は加藤泉展です+帰帆さんのソロアルバム「SAYONARA」に作詞で参加しました

 鐘の音の きらめき散るや 秋の風     (松本 邦吉)  ここしばらく東京は秋晴れが続きます。明るい陽射しのなかで風にのってお寺の鐘の音が聴こえてくるのでしょう、鎌倉あたりの情景かな。それを「きらめき散る」と表現しています。詩人の松本さんの二年前の句集『かりぬひ抄』からの一句。  いきなり横長画面の油彩画との…
コメント:0

続きを読むread more

富山県の五箇山の合掌造りを訪ねました+「アナホリッシュ國文學」第8号「特集・太平記」が誕生です

 秋風や 子供二人が 草の中       (坂内 文應)  刊行されたばかりの句集『天真』からまた一句を。文應さんは曹洞宗の僧侶ですから、「首座(しゅそ)」とか「梵唄(ぼんばい)」、「遺偈(ゆいげ)」などといった禅宗特有のムツカシイ言葉も句集には散見されます。この句、シンプルな語彙で素直な言い回しですが、しかし、どこかに禅味が…
コメント:0

続きを読むread more

富山県美術館では「瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019」展が始まりました。オープニングに参加しました。

 為にする 俳句はしらず 初しぐれ     (加藤 郁乎)  句集『初音』から引きました。この句集は1998年の刊行。イクヤ―ノフ氏晩年の句が並びます。俳句とはなにか、というモチーフも近代俳句以来よく詠まれますが、『初音』にもかなり目立ちます。こちらは冬季の作ながら、「俳人に遠い人ゐる寒さかな」なんて作も。ともに凡庸な俳人を揶…
コメント:0

続きを読むread more