テーマ:風狂

放送大学・特別講義「風狂」篇に出演します+掛け軸の絵師・川島草堂は熊楠の友人

  春たけぬ 蝶のもろ翅の うすきまま      (吉岡 実)  詩人の吉岡実さんの句集(没後出版です)『奴草』から。モンシロチョウの薄くて白い羽をイメージしての句でしょう。現代詩の世界では前衛派の吉岡さんでしたが、俳句の実作者としては、庶民の暮らしに哀歓の情を詠う作を残しました。今年の春ももうすぐ五月、というのに、このところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more